2012年06月27日

命じられている

「モーセがそのすべての仕事を見たところ、彼らは主が命じられたとおり、そのとおり行っていたので、モーセは彼らを祝福した。」
出エジプト記39:43

幕屋を造った人たちは、
命じられた物を全て造った後、
モーセの所に持って行って、
仕事の確認がなされました。
そして、命じられた通りに
行動(作業)していたので、
祝福を受け明日。

そう言えば、
私たちも最後には、
この地上で行ったこと、
その結果を持って、
神さまの前に出ます。

その時、
「命じられた通り、
そのとおり行っていたので」
と言われるだろうか?

御言葉を通して、
神さまの御心を求めましょう。
周囲の人を通して
神さまから示されることはないか、
気を配ってみましょう。

主から命じられた、
そう思ったら、
実行しましょう!!


posted by Satochan at 07:11| Comment(0) | デボーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月22日

燭台

出エジプト記37:17
「彼(ベツァルエル)は純金で燭台を作った。...」

燭台、光をともすもの。

光とは便利なもの。

光がないと、聖書も読めないし、進むべき道もわかりません。

聖書を読む時、祈る時、
まず神さまからの光を求めましょう。

聖霊さまの光で照らされることで、
神さまの真理、
導きが見えてくるでしょう。

真理の光の中で、
今日、神さまから与えられた道を
しっかり歩みましょう(^^)


posted by Satochan at 06:17| Comment(0) | デボーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月15日

情熱の神

「あなたはほかの神を拝んではならない。主はその名を熱情といい、熱情の神である」。
(出エジプト記34:14)

大好きな人を、
喜こばせようとプレゼントする。
その人は、プレゼントを手にして大喜び。
でもしばらくすると、
「あっちの方がカッコいい」
とか、
「これじゃなくて、こっちがよかったなぁ」
とか言われたらどうだろうか?

神さまは、モーセの求めに応じて
「わかった。あなたと一緒に行こう。
そして、大いなる御業を成す!!」
と約束されました。
その時に言われたのです。

「わたしが一緒なのだから、
他の神々に目を向けて、
他の宗教に心を奪われないように」と。

神さまと共に歩む。
それは神さまを見つめ、
神さまを喜び、
神さまとより親密になること。

他人のものを欲しがったり、
うらやましがったりしないように。

自分と共にいて下さる神さまを
ほめたたえること。
同じように、
今日、共に歩んでくれる人にも、
その人を他人と比べたりせず、
感謝を表そう。

posted by Satochan at 09:10| Comment(0) | デボーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。